りんご・みかん

りんごの品種と収穫時期


信州や東北など北の果物というイメージが強いリンゴですが、条件が整えば九州でも香り高く、おいしく実ります。
木の高い位置に成った実が太陽光線をふんだんに浴びて、おいしさが凝縮されています。


【収穫時期】 9月下旬~11月中旬 ※その年の天候や気候によって、多少時期が異なります。
shukaku-apple.jpg

apple-150.jpg
千秋・王林・ふじ      fruits.jpg
[収穫時期]9月下旬~11月中旬
[作付面積]10a
[特長]甘くて、おいしい。

りんごの保存方法

保存方法は常温で涼しい場所。乾燥しないようにすれば、1ヶ月ぐらいは持ちます。


みかんの品種と収穫時期


中国から渡ってきたみかんは、江戸時代九州地方でのみ生産させていました。
明治時代以降は全国に渡り、ポピュラーな果物として一般的に知られています。


【収穫時期】 12月上旬~2月上旬 ※その年の天候や気候によって、多少時期が異なります。
shukaku-mandarin.jpg

mandarin-150.jpg
温州・晩柑         fruits.jpg
[収穫時期]12月上旬~2月上旬
[作付面積]15a
[特長]芳香があり、甘くておいしい。


おいしいみかんの見分け方

皮のツブツブが小さくはっきりしていて、果皮が薄くてやわらかいものが甘みがありおいしいです。
皮にすり傷があるのはOKですが、日焼けしたものは水分が不足してますので、避けた方がよいでしょう。
大きいものは見た目がいいですが、Mサイズぐらいの少しこぶりの方が味はいいです。

みかんの保存方法

風通しが良くて湿度がやや高く、涼しくて通気性のある場所で保存することを心がけてください。
箱で購入した場合、腐ったみかんがあれば排除し、ふたを開けたまま保存します。